事業承継人がいないならM&Aに任せておこう

男性

資産に関して紹介します

m&aは基本的に、国際的な競争力をつけるため、市場における競争力を獲得するためといった目的から行われます。買収する際には、数多くの手続きや複雑な手続きがあり、それと同時に、金融商品取引法などの義務の多い取引となっています。

会社を引き継ぐ時のやり方

握手

自社株を買い集める方法

株式会社の運営で重要な役割を果たすのが自社株です。全体の何パーセントの自社株を保有するかで、会社の運営や後継者への事業承継に関わってくるのです。例えば現在の経営者が高齢化を迎えて次の世代に事業承継したい場合、自社株を買い取ることによって持ち株比率を高めることができます。それによって希望通りの事業承継が実現できるのです。このようなやり方をするには、M&Aコンサルティング会社に依頼することになります。M&Aコンサルティング会社は企業の合併や買収を専門としているので、事業承継についても的確なサポートをしてくれます。例えば経営者が事前に自社株の買い集めなどの対策を取っていない場合、後継者が買い取りを行う必要があります。そのためには買い取るための資金が必要ですが、M&Aコンサルティング会社なら銀行融資のサポートなども行ってくれます。もしも会社の業績が好調な場合は、自社株の価格も上がっているはずです。その場合には自己資金で賄えなくなるので、M&Aコンサルティング会社などは株価を下げる対策を施してくれます。株価が下がれば、自社株を買い取る資金も少なくてすむのです。また自社株を買い集める場合は、株を保有している株主とのコミュニケーションが重要になります。信頼関係が成り立たないと株を売ってもらえないからです。このようなコミュニケーションもM&Aコンサルティング会社は行います。このように自社株を利用することによって、経営者は自分の後継者へ事業承継を行えるのです。

Recommended

  • M&A 事業承継 山田ビジネスコンサルティング株式会社

    事業承継コンサルティングはこちらの会社で行なうことが可能ですよ。ビジネスの事業を拡大するためにも、相談しておくといいでしょう。
ビジネス

企業再編の基礎知識

m&aは合併と企業買収を意味する用語で、その方法は実に多彩です。合併には吸収合併と新設合併があり、企業買収には非公開会社を対象として株主と相対で契約することのほか、公開会社を対象とする公開買付などがあります。複雑な知識が求められるため専門家のサポートを受けるのもよいでしょう。

ビル

企業の価値を高められる

企業買収は実行するだけで企業の価値を高められるため、すぐに魅力アップを実現できます。なぜなら、これまで持っていなかった商品やサービスが手に入ったり、人材が加わったりなど企業にとってメリットの多い選択です。