事業承継人がいないならM&Aに任せておこう

レディ

企業再編の基礎知識

ビジネス

効率のよい業容拡大方法

m&aとはmerger and acquisitionの略で、その意味するところは合併と企業買収です。他の会社を手に入れるための手法ですが、m&aの方法は実に多様ですべてを理解するためには時間をかけて知識を習得することが求められます。まず、合併には吸収合併と新設合併がありますが、前者はすでに2つの会社が存在している場合において1社がもう1社を吸収して合併することをいいます。次に、新設合併とは新たにもう1社を設立してその会社が既存の2社を合併することです。会社をつくらなければならない分、時間と費用がかかることと、ライセンスなどは新たに取り直す必要がある点に留意する必要があります。一方の企業買収については、文字通り他の会社の株式を取得することです。これもいくつかのパターンがあり、非公開企業を買収する場合であれば株主と交渉して株式売買契約を締結することでよいのですが、取引所に上場している公開会社の株式を一定割合以上取得する場合には、金融商品取引法に基づいて公開買付を実施しなければなりません。英語の頭文字をとってTOBとも呼ばれていますが、こちらも段階を踏んで進める必要があることからm&aの中でも時間のかかる方法となります。ここに書いただけではありませんが、このようにm&aはかなり複雑な知識が求められることから、実施するにあたっては専門家のサポートが必要です。いわゆる投資銀行をはじめとして弁護士や会計士などがそのようなサービスを提供しているので利用を検討するのもよいでしょう。